スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【メディアに】情報操作ってまさしく今行われていることじゃ・・・【気をつけろ】

今後の励みの為クリックお願いします。にほんブログ村

↓ライフハック系のサイトさんで気になる記事を発見したので紹介しておきます。

誰でも思い通りに動かす情報操作法5選

内容は以下の通り。(抜粋)


<引用文>
情報操作は、無知や無関心な人が多ければ多いほど簡単に行なうことができます。いわゆる『大衆』を抑えれば世論を形成する目的が達成できるからです。実際に、さまざまな場面で情報操作技術を応用してみますとその効果は凄まじく危機感を覚えるくらいです。特に最近、増加傾向にある『自分で考えることをしない人たち』には効果絶大です。基準を持たない人々を踊らせるのは簡単なのです。

☆人間が行動する6つの心理学的原理

1.無意識に考えず反応してしまう返報性

2.プライドが持つ一貫性

3.不安なとき周囲と似た行動をとる類似性

4.好意により、防御を甘くする趣向性

5.権威に疑問を持たない従属性

6.レアだと価値が上がる希少性

これらを心理状態を利用すれば相手を手に取ることはたやすいです。複合させれば効果は倍増します。


ここまで読んでもドキッとしてしまうのに、さらに

<引用文>
★誰でも思い通りに動かす情報操作法5選
1.「レッテル張り」
対象の人・組織にレッテルを貼り、ひたすら繰り返してレッテルを刷り込む。

2.「普遍、平凡化」
耳障りの良いキャッチフレーズを強調し、共感、親近感、一体感を引き出す。

3.「正当、証言化」
権威や威光を用いて意見や目的を正当化させ、第三者を使って証言させる。

4.「強調、矮小化」
都合のいい事柄を強調し、都合が悪い事柄を矮小化し隠蔽する。

5.「趨勢化」
時代の趨勢であるかのように見せ、取り残されるような情緒的不安を煽る。

誰でも簡単に出来そうな内容です。


トドメですね。なんだかどこかであったような。。。そんな感覚が湧き出てきます。

コイ○ミ?ハトヤ○?オザ○?

戦争に負けて焼け野原から奇跡的に復興し、世界の経済大国となった今日の日本。
ちょっと前からかな? 『平和ボケ』だとかなんとか言われ(自虐)、根拠も有るのか無いのかよくわからないのに「日本は駄目だー」とか言うことが、ちょっと斜に構えていてなんだかカッコいい、的な感覚が溢れている。そんな気がしませんか?

そういやあ、1億総白痴化とかいう言葉もあったっけ。これは、某国の統治政策だったっけ?
まあ、何に対しても『無関心』ということは、何をされても従うということなんです。不義・不仁に抗うこともできない腑抜けは、人間としてどうでしょうか?
弱者は略取されるだけ。知らないうちに、見たことの無いような誰か達のための奴隷になってしまっているのは我慢ならんでしょ。

情報過多の時代で、信じるも信じないも多角的な視点を持つことを心がけたいと思う今日この頃です。

経験上、プレゼンはイイことしか心に残らないように行うということですな。


以下、情報操作について俄然興味が湧いてきたので、是非読んでみようと思った書籍。


GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く


情報操作のトリック


イラク戦争と情報操作


政党が操る選挙報道

鵜呑みしちゃあダメなんで対立側のお話も聞いかないとね。




( 2009.12.22 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。